音楽監督

大阪生まれ、京都在住。

ピアノを西宇弘子、故・永井誠 両氏に、チェロを田中賢治氏に師事。島村ミュージックチェロ講師。

京都大学文学部哲学科卒。学生オーケストラのチェロ奏者として数多くの指揮者に接し、薫陶を受ける。大学卒業と前後してプロに転向。以降数多くの社会人オーケストラや学生オーケストラのトレーナー・指揮者を務めるようになる。これまで競演したオーケストラに京都シティーフィルハーモニー交響楽団・京都18世紀オーケストラ・墨染交響楽団・京都プレザントオーケストラ・オーケストラアンサンブル京都・交響楽団ひびきなど。

劇団ひまわり大阪・俳優養成所を経て同劇団所属俳優。また、フリーの劇作家・演出家でもある。これまで上演された作品に、「コロッセウム三部作(劇団ひまわり・2004年度大阪文化祭参加)」作・演出・テーマ曲の作曲・演奏
「スフィンクスの朝昼夜(なんばクリエーターファクトリー)」作・出演
「コンスタンツェ・モーツァルト(作戦ガラパゴス)」構成・演出
「OPHELIA オフィーリア (STAGESCAPE・ART COMPLEX 1928提携公演)」   などがある。

近年では演劇作品での新進音楽家との共同作業、演奏会でのリーディング劇の導入など、両キャリアを生かした活動も積極的に展開している。

FacebookTwitterGoogle+共有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です