Archive for the ‘コンサート’ Category

トーマス・ハンプソンのマーラー

6月 3rd, 2019

6月2日(日)分奏練習の前にザ・シンフォニーホールへ。 

Gewandhaus Orchester LEIPZIG ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
Andris Nelsons アンドリス・ネルソンス
Thomas Hampson, Bariton バリトン:トーマス・ハンプソン

Gustav Mahler マーラー  

 「さすらう若人の歌」から   
  Ging heut, morgen über’s Feld 朝の野辺を歩けば  

 歌曲集「子供の不思議な角笛」から   
  Lied der Verfolgten im Turm 塔の中の囚人の歌   
  Wo die schoenen Trompeten blasen トランペットが美しく鳴り響くところ   
  Das irdische Leben 浮世の生活   
  Das himmlische Leben 天上の生活    
  Urlicht原光

Pyotr Ilyich Tchaikovsky チャイコフスキー  
 交響曲第5番 ホ短調OP.64

前半プログラムが特に楽しみで、第7回演奏会を懐かしみながら少し楽譜や歌詞を思い出し、客席へ。

にじみ出る音楽、雰囲気、世界が本当に素晴らしくて、夢のような時間。
聴こえてくる音はもちろん素晴らしいのですが、静寂にあれほどいろいろな顔があるとは。
美しさとか柔らかさ、あたたかみだけでなく、重みまで。

最近激しく心を揺さぶられる演奏を聴くと必ず思い出すのが、
中学生の頃、テニス部の顧問の先生に言われていた
「ラケットは手の延長だと思え」 という言葉です。

楽器が体の一部のように思えたり、音楽がその人の一部のように聴こえたり、
理屈じゃなく自然に流れ出てくる音楽こそが、
聴いていてとても心地よく、引き込まれる演奏なのだとつくづく感じます。
「楽器をかまえて、いろいろなことに気を付けながら音を出す」のではなく、
「私から自然に出る音を楽しむ」演奏をしたいものです。