Archive for the ‘ブログ’ Category

有難うございました。

10月 17th, 2015

関西グスタフ・マーラー交響楽団
第5回演奏会が終わりました。

あの日からずっと晴れていて、とくに週末となると、一瞬、まだシーズンが終わっていないのかとさえ錯覚してしまいます。
まずは、ザ・シンフォニーホールに足をお運び下さったお客様、本当に有難うございました。
チケットの売れ行き、お客様の入り、過去最高でした。「涙が溢れた」「感動した」との感想を多く頂き、こんなに嬉しいことは、ありません。

そして、合唱団の皆様。

今回の第2番の演奏会には、合唱団が不可欠でした。
関西グスタフ・マーラー交響楽団は合唱団とのコラボレーションは、もちろん初めて。なかなか見つからない中、ご縁あってお引き受け下さった京都大学音楽研究会ハイマート合唱団のみなさま、そして個人参加して下さったみなさま、本当に、有難うございました。
演奏会後にも、「やはり人の声にはかなわない」、というオケの人の呟きを目にします。クライマックスでのあの合唱が、あの蘇りの希望の叫びが、人が歌うからこそ、人の心をうち震わせるのですね。

楽器も、人の体から出るものを音にしているので、声のようなものかなと思ってきましたが、ナマの合唱の声がこれほど感動的なものとは思いませんでした。
そしてハイマート合唱団さんの人柄にも感動しっぱなしでした。学生さんならではの熱く、素直で、全力投球なまっすぐな思い。結果的に、この演奏会はハイマート合唱団さんとのコラボレーションが、あらかじめ神様から決められていたこととさえ思います。

そして、お2人の美しいソリストさま。
まず、4楽章、”Urlicht”、これほど胸の奥底からヒリヒリと涙シビれる曲をご存知でしょうか
メゾ・ソプラノの森 季子さま。
天国に行かせてほしい、神様は永遠に安らかな命への道を照らしてくれる灯りをくださる、と歌われる声はそれ自体が神々しく、何人の奏者が涙で譜面が見えなくなったか分からないほどです。

そして5楽章、ソプラノの端山 梨奈さま。私と同じ人間の声なのだろうかと思うほど澄んだ美しい声。
「死よ、全てを支配する死よ、お前は支配された。愛へのたぎる思いを持って、勝ち得た翼で飛んでいこう、まだ見ぬ光へと」と森さんと端山さんで交差して歌われる箇所ではオーケストラをたずさえて光へと進んで下さる気さえしました。

そして
オーケストラの皆様
総勢107名の大所帯でした。
誰一人欠けても実現しない演奏会でした。
こんなに大勢の皆様が集まり、心を合わせることは簡単なことではありません。
だからこそ、それが実現したとき、かけがえのない大切な気持ちに心が支配されるのです。
107名全員とお話することはできなかったけれど、音楽で心を合わせられたことは、紛れもない事実ではないかなと思っています。

色んなことがあるでしょう。推測ですが、育ってきた環境だけでなく活動してきた音楽土壌や価値観が異なる人々がこれだけ集まれば、毎日毎回どの日もハッピー!ハッピー!オールハッピー!なだけではなかったのではないかな?と思います。どこの世界でもそうですよね。
けれど、あの日あの場所で、心を合わせて音楽を作り上げた、お客様に聴いてもらえて、涙が溢れたと言ってもらえた。
私たちの演奏で、人を、感動させることができた。
その大きくて、でもささやかな事実を、なんとしても忘れないでいたいと思います。

そして、毎回のことでもありますが、
この演奏会でも、色んな事情で、涙を飲んで引退するメンバーもいます。
いつも最初は喪失感でその事実を受け入れられませんが、時間が経つと、
1番迷って、辛かったのは本人だったのではないかな、と気付きました。きっとね。
他にも、本当に様々な事情で、次出られないメンバーもいるでしょう。
育児や学業、忙しい盛りのお仕事。想像が及ばないほど色んな人生の出来事が起こっていることでしょう。

その方達に、心から、有難うを伝えたい。
どんな事情があるにせよ、関西グスタフ・マーラー交響楽団の一員として、何度も書きますが、心を重ね演奏会を成功させたという事実に変わりはありません。

まず、なによりも、
有難うございます。
一緒に音楽を作ってくれて。
230人の一員として、あの日の思い出をつくってくれて。

また出会うために一旦のお別れです。

そして、
田中先生。
2012年の第1回演奏会から、月日にしては3年ですが、第5回、ずいぶんと長いこと歩いて来た気がしますね。
関西グスタフ・マーラー交響楽団は、田中宗利音楽監督、指揮だから、関西グスタフ・マーラー交響楽団なのです。
今回もお疲れ様でした。
有難うございました。
また、スタッフ一同、演奏者一同、先生と共に歩いていきたいです。
よろしくお願いします♪

Special Thanks
オルガン、ハープ、などのエキストラ奏者様
トレーナー仙崎和男様・水無瀬一成様
ステージマネージャー外村雄一郎様
映像、池田和生様
当日スタッフの皆様
託児のスタッフ様
名古屋から駆けつけて下さった、名古屋マーラー音楽祭発起人、高橋広様
かわいい赤ちゃんを連れて来てみんなを和ませて下さったお母様方
シンフォニーホールのスタッフ様
聴きに来てくれた両親。
事務局長・チェロトップ 永野武様
コンサートマスター 福井智宏様
本当に有難うございました。

私は死ぬ…生きるために

10月 11th, 2015

image前日練習でした。

やっぱり、今回もあっという間だった練習期間。

明日が本番なんて、ちょっと実感ないけど、

とにかく、楽しみです。

 

5楽章の歌詞。

「生きるために、死ぬ」

こんな気持ちがわかるようになるのはずっと先かもしれないけど、

生きる内の苦しみや、葛藤

愛したもの

たたかったもの

「それがおまえを神の御許へと導いてくれるのだ」

 

生きてるのも、ムダじゃないと思える

また生まれ変わるために人は死んでいくから

 

精一杯生きて行こうと思えます。

死ぬのが怖くなくなる感じでしょうか。

あちらの世界では、同じように生きた人たちが、待っててくれる

 

みんな、また生きていく

 

マーラーも、明日、あっちの世界から

聴きにきてくれたらいいな。

 

 

関西グスタフ・マーラー交響楽団の

奏者のみなさまと

合唱のみなさま

歌手のお二人

そして

身近な家族

そして

聴きに来て下さるお客様

 

この世で出会えたことがやっぱり嬉しいです。

そう思わせてくれる、素晴らしい曲です。

マーラーの世界に浸りましょう。

 

では、また明日!

 

 

復活の光を求めて

7月 6th, 2015

みなさま、こんにちは♪

お久しぶりになってしまいました。

3週連続で合奏があった最近。

昨日は4を少しと5楽章でした。

 

4楽章は、ソロの森季子さんが来られるまで、マラオケの参加者さん(Vn)のMさんが、代唱して下さっています(5楽章も!)。歌手として海外でも学ばれ、この2番のソプラノソロもされたご経験のある方!そんな方が、ご厚意で代唱してくださるなんて、なんて有難い環境なのでしょうか。心からの感謝と拍手を送り続けたいです。

 

涙なしでは聴けない4楽章の美しさにたゆたい、しかしそれを突き破るようにしてはじまる5楽章。

なんだかみなさんが練習された成果や、今までの成果、持ってる潜在能力が「ギュッ」と集中的に凝縮して爆発した感じで、ワクワク、ドキドキ、そしてマーラーが時々見せてくれる光が少し見えたような、そんな合奏でした。

 

ソプラノの端山梨奈さんがお見えになられ、その美しく力強い歌声に感化されたのも、あるでしょう。5楽章が通し終わった後、もちろん私たちは端山さんに拍手を送りましたが、端山さんも私たちに拍手をしてくださったのが、私は印象的でとても嬉しかったです。

 

言わずもがなのトリハダ部分、5楽章の最後の部分、すごい音量と重厚かつ神々しいハーモニーになるのですが、その中でも魂を叫ぶようなソロ。

本番はオルガンも入って、マーラーの光がほとばしる場面ですが、今から本当に楽しみです。

 

以前ブログで「大変なことになる気がする」と予感していたこの2番。

コンマス福井さんの言われたように、「音楽に謙虚に」。

 

「マーラーの作った音楽を演奏する」、よりも、

その世界に少しでも近づこうと「手を伸ばし続ける」感じ?

ダイナミクスをきちんとするとかスコアを勉強するとか。

そういうことからその道は見えてくるのかな。と思います。

難しいんですよね。

でも、がんばる!

2番、なんという世界

3月 19th, 2015

何か少しでも伝わったら、と思い書きます。

 

 

2番をずっと流しながら、楽譜に歌詞を書く作業中ですが…、はたとペンが止まりました。

 

これは大変なことをしようとしてる。この私の作業が、ではなくて、2番を演奏するということが。

 

 

2番は思ったより簡単だよ、とか、大変だよ、とか、色んな意見はスルー。

私は、この2番という曲は、なんか大変なことになる気がする。
たった7ヶ月後に演奏会が迫っているとか、ソプラノ、アルト、合唱、オケひとりひとりの努力、それぞれを構成する大変な道のりのこともそうだけど、なんかそれよりも……

 

 

とてつもないマーラーの世界に圧倒されて、畏れ多くて、それでも手を伸ばさなければいけない使命というか…

 

もしあの世界観が表現できるなら、マラオケの大きな一歩になると思いますし、
そうなれば凄いことと思います。

もしそうできなければ・・・

 

ターニングポイントになるような演奏会かも、と個人的に思います。
マーラーってなんて人だ、って思います。
なんて世界なんだって。

 

 

なんという世界

 

こわいです。色んな意味で。覚悟をもって取り組まないと、先日の打ち上げコンマス福井さんが言ってたように、「音楽に謙虚に取り組む」という姿勢を取らないと、色んな意味で大変なことになると思います。

 

 

関西グスタフ・マーラー交響楽団だからこそ、マーラーとついてる楽団だからこそ、できる演奏をしないと。

 

 

 

がんばりましょう。

ご来場ありがとうございました&次回に向けて…

3月 18th, 2015

image

 

 

第4回演奏会が終わりました。

ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございました。
楽しんでいただけたでしょうか?
アンケートで一番嬉しかったのは、

マーラーなんてあまり知らなかったけど、こんなに素敵なんですね、今日で好きになった!次も絶対行きます!

というものでした。

私たちは、マーラーが好きというだけでなく(それだけでも十分ですが)、

マーラーを食わず嫌いしてる人や、
難しいと敬遠している(私も以前は100%そうでした)方たちに
少しでも魅力を感じてもらいたい、マーラーって確かに難しいけれど、
こんなに魅力的なんだよ、と
マーラーの輪を広げたいという使命を
みんな少なからず持っています。

ですので、このアンケートのお言葉は、私たちにとってなんと有難いのでしょう。

花の章は美しいトランペットのソロと小ぶりな編成のオケが奏でる、まるで花火のような美しい演奏でした。

さすらう若人の歌は、また新しい出会いである萩原次己様をバリトンに迎え、
これもまた素晴らしすぎる演奏になりました。

個人的には、萩原さんと、お声のことやオケのことなどを色々相談、お話させて頂き、貴重な経験をさせて頂き、有難いの一言でした。

演奏会後に萩原さんからも、

「弦の響きの良さに心が和み、キレの良い菅の響きに心が踊り、ティンパニの的確なリズム感には驚きを覚えました。素晴らしいオーケストラですね!
機会がありましたら、是非再共演を熱望する次第です。」

なんて素晴らしいお言葉を頂きました!ぜひまたご一緒したいです。

そして1番では、私も弾いていましたが、特に最終章での盛り上がり、一体感は、
演奏していても、どんどん頭から現実的な成分が消えていって、マーラーの世界に
移行、没頭していく自分の感覚としても感じられました。

不思議とそういうのはお客様にも伝わるもので、最後が特に凄かったという感想を多く頂きました。

お客様にとっては裏話ですが、全体を通して直前までみんなそれぞれが「ここ気をつけなきゃ」ポイントがあり、全員がそれを共有するポイントもあり、ドキドキな部分もあったのです。

が、そういうギリギリのポイントを、みんなでせーのっで越えたときの「やったー!」「いけたねー!」っという気持ちが、更なる一体感となって加速したのでした。

マーラーの宇宙という言葉をよく聞きますが、私たち人間が生きていく上で
体験する様々な喜怒哀楽、苦悩、幸せ、絶望、そのそれぞれを、バラバラに、かつみごとなバランスの上に表現したのがマーラーだとするなら、

さまざまな人生を送っている最中のオーケストラの奏者、そのひとりひとりが奏でるマーラーの音符はマーラーの宇宙そのものと思いますし、それを同時に生で聴いて下さっているさまざまなお客様も、みんなひっくるめてマーラーの宇宙なのでは、と思いました。

 

 

…でもでも、長くなってしまうので、この第4回演奏会の半年の思い出は、そっと胸にしまっておきます。

なぜって、もう4月5日から第5回演奏会の練習が始まるのですから!
インターバル、みじかい!

 

さぁ、関西グスタフ・マーラー交響楽団はまだまだ続きます!

みんなで走って行きましょう!

それでは、また♪

この日に思うこと。&演奏会のお知らせ!

2月 26th, 2015

みなさまこんばんは♪

いきなりですが、今日は、2月26日ですね。
マラオケの第1回演奏会が、2012年の2月26日(日)でした。
毎年この日は懐かしい気持ちになります。

あの日は曇ってて、寒くて、でもドキドキして、
どんな演奏会になるんだろう、どれだけのお客さんが来て下さるのだろう、
と考えながら午前中、琵琶湖を眺めていたのが、本当に昨日のことのようです。

あれから3年も経ったのですね。
自分は変わったつもりはなくても、何かしら必ず変化しているように
マラオケも少しずつ変化してきているのを感じます。
とってもいい方向に。明るくオープンで協力的で、思わず参加してみたくなるような。
毎回の練習で、たくさんの参加者さんの笑顔がそう教えてくれます。

マラオケの素敵な部分が、素敵な参加者さんとともに(そして手前味噌ですが本当に素敵なスタッフとともに)
花開いてきているような気がするんです。

「あやちゃん、マラオケはこの先、全曲、成功すると思う?」
今だから言えますが、あの頃、そう聞かれたことがあります。この大事なオケの将来が不安になる気持ち。みんな一緒でした。

「はい、もちろん!」

そう答えました。不思議と何の疑いもないその気持ちだけは、3年前も今も全く変わりません。
聞かれた方は、ほっとした顔で「そうだね!」と言われ、私たちは微笑みあいました。

もうすぐ第4回演奏会です。
毎回一期一会の素晴らしい参加者さん(今回は97名!)と、スタッフと、指揮者田中先生ともに、
またひとつ演奏会を心に刻みたいと思います。

2015年3月15日(日)
京都コンサートホール 大ホール
13:00開場 13:15~ロビーコンサート(木管5重奏、チェロ12重奏)
14:00開演

・花の章(グスタフ・マーラー)
・さすらう若人の歌(グスタフ・マーラー)(バリトン:萩原次己)
・交響曲第1番 マーラー協会最新版使用(グスタフ・マーラー)

どうぞお越しくださいませ!
お待ち申し上げております♪♪

 

 

西陣織展

1月 30th, 2015

みなさま、こんにちは♪

今日は西陣織会館に用事があり、行きました。するとこんなポスターが♪
 imageimage
7階で用事を済ませ、いつも練習させてもらっている3階ホールに行ってみました♪
淡い生地に、春を思わせる蝶や鳥たちがあしらわれた織物や、人間国宝の方の細かく繊細な織りがあり、それらが薄暗がりの中でライトアップされ、とても美しかったです。
また、春の吉野山を描いたという色彩鮮やかな、かつ春霞を思わせる淡さの、見上げる大きさのタペストリーもありました。印象的でした。
いつものホールと全然違う〜と、いつもとのギャップになぜか感動。
西陣織という、京都の、そして日本の素晴らしい伝統文化をこうして伝える催しに偶然出会えて嬉しかったです^^
西陣織会館だけでなく、高島屋などでも、織物展がやっているそうです。
西陣織会館に中国の方々の観光バスが入って行って、なんだかすごく嬉しかったです☆
美しい着物ショーも、見ものです!
京都人でさえなかなか触れる機会のない伝統文化の重みと誇りについて、改めて考える雨の日でした。
それでは、また。

今年もありがとうございました♪

12月 31st, 2014

 

みなさまこんばんは♪
ayaです。

ずいぶんとblog更新ができなくて反省です!
さて、9月に始まったマラオケ4thの練習も
12/21に、あっというまに年内最後となり、
毎年のごとく忘年会で盛り上がって、「良いお年を!」とお別れしました。

当たり前のように練習ができて、当たり前のようにひとときのお別れを言える。
たくさんの奏者さんがそれぞれのご用事やご事情もあるなか参加してくださっていて、こうして練習が積み重ねられることを、あらためて感謝する年の瀬です。

みなさま、今年もありがとうございました。
来年3月15日の本番にむけて、また1月11日の練習でお会いしましょう。
バリトン萩原さんが来られます。歌と、花の練習です!
北文化会館ですので、ご注意を。

また来年も、どうぞよろしくお願いいたします☆

10745049_10152421415963837_959587187_n-1
photo by Hiromasa Akaishi

9月7日、初合奏。

9月 8th, 2014

昨日は、マラオケ第4回演奏会に向けての初練習でした!

IMG_2513.JPG
photo by Tabuchisan@viola

お久しぶりのお姿が多々あり懐かしかったのですが、すぐにマラオケの空気になっていました。

 

そして初めましての方々もたくさんおられました。

 

こうしてご一緒させていただけることを、音楽がつなぐ深い縁と思い、一回一回の練習を大事にしたいなと思いました。

 

 

あらためてちょっとだけ、4回目という歴史の積み重ねにじーんとしていました。
ずっと参加して下さっているご夫婦と一緒に来られているお子さんたちのご成長。

ご結婚され、ご夫婦の参加になられた方。
などなど…
お一人ずつの人生の一部の時間を一緒に共有できるなんて、すごいことですよね!

さてそんな中、合奏したのはマーラーの第1番。

6番や7番に比べると格段に演奏された経験のある方々が多いようです。
それぞれがされて来られたテンポや音楽感、聴かれてるCD、好み…など様々だと思います。
手探りと大胆に、の、はざまだった1回目の通し。
今までと少し違ったのは、2回目にするときの改善具合というか、
みなさまの「あ、わかったよ、こうなんだよね」と言った感じでまとまる早さでした。

なんせ前回は7番でしたからね…(苦笑)

なんだか、またさらにいい演奏会になる予感が…♥
半年間、よろしくお願いします!

次回の練習は9月21日(日)です!

それではまた♪

明日は初合わせ。

9月 6th, 2014

みなさまこんばんは♪

連載はちょっと、お休み。

いよいよ明日から、関西グスタフ・マーラー交響楽団第4シーズンの
初練習が始まりますね!

先日東山三条にとある練習場所を取りに行ったとき。

マラオケの成功祈願に来ている神社に立ち寄りました。

「大将軍神社」

IMG_2461

(練習会場取りに来たとき、すぐ側にある神社だったので、行ってみたのがきっかけです)

こちらは樹齢800年の銀杏の木!

IMG_2460

前のブログで書いた長野県の樹齢850年のシナノキと言い、

樹っていうのはほんとに長い長い年月を生きてきているんですね。

雨の日も風の日もカンカン照りの日も。

酸いも甘いも知り尽くしたであろう銀杏の木に、お願いしてきました。

「今シーズンも無事に、楽しく皆さんと音楽が出来ますように。」

安産の神社だそうです♥
きっと素晴らしいマーラーの音楽との出会いが生まれるでしょう!

それでは、また明日♪