Archive for 1月, 2012

☆新企画☆☆「あなたのマーラーに会いたい」第1弾★Timpani 野澤正寛さん

1月 30th, 2012

必見!只今より
特別企画シリーズ「あなたのマーラーに会いたい」第一弾をお送りいたします。
関西グスタフ・マーラーオーケストラに参加されている奏者さんたちの、
熱いマーラーへの気持ちをおもいっきり語ってもらう企画です。
記念すべき初回はオーケストラの「第二の指揮者」と呼ばれるティンパニ奏者
優しい笑顔が印象的な野澤正寛さんのインタビューの模様をお送りします!

$君に捧げるアダージョ
*********
山下 「マーラーが大好きだと自己紹介カードに告白してくださった野澤さん、
ありきたりかもしれませんが、まずマーラーのどんな部分に惹かれるんでしょうか?」
野澤 「これはいきなり難しい質問ですね・・・よく感情の爆発!!っていいますよね。
でもマーラーは違います・・・

演奏会情報♪ふたつあります♪

1月 28th, 2012

Vn池内さんの所属されている立命館大学交響楽団さんが、
卒団を控えた4回生主導で、演奏会をされるそうです。
●立命館大学交響楽団
2011年度 フェアウェルコンサート
曲目:
ニールセン/交響曲第4番『不滅』
ガーシュイン/ラプソディ・イン・ブルー
チャイコフスキー/弦楽セレナーデより第1楽章
ラヴェル/組曲『マ・メール・ロア』より第4曲 『美女と野獣の対話』第5曲『妖精の園』
金管アンサンブル 魔女の宅急便 他
指揮:中橋健太郎左衛門(客演)
日時:2月12日 日曜日
開場 13時30分 開演 14時
会場:大津市民会館 大ホール
**入場無料**

「ご友人など誘って、ぜひ気軽に遊びに来て下さい」とのことです☆
指揮の方のお名前が気になります。はい。
何って、今ちょうど『マ・メール・ロア』を聴いていて
『妖精の園』のグリッサンドに驚いていたところなのです!
続いて!!
Va和田さんが所属されている京都教育大学管弦楽団OBオーケストラさんの演奏会情報です☆
●京都教育大学管弦楽団OBオーケストラ 第10回演奏会
喜歌劇「こうもり」《日本語公演》
日時:2012年2月4日(土) 17:00開場 18:00開演
場所:京都コンサートホール 大ホール
[キャスト]
ロザリンデ :長谷川 泉
アイゼンシュタイン :大谷 圭介.
アデーレ :稲森 慈恵
ファルケ :片桐 直樹
アルフレード :竹田 昌弘
オルロフスキー :伊藤 絵美
フランク :服部 英生
語り :どい かつえ
入場料:一般2000円 小中高生1000円<全席自由>
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bra/kyokyo-ob-orchestra/

「オケはなかなかお聞き苦しいかもしれませんが(汗)、歌は一聴の価値ありです。
お暇な方は、是非お越しくださいませ…m( _ _ )m」とのことです☆
私ayaの所属する京都女子大学交響楽団は今年の定演で
こうもり序曲をするんですね・・・
どっちもいきたいな♪

プレザントオーケストラ♪

1月 25th, 2012

1月22日、行ってきました!
マラオケの田中先生指揮です!
この練習もおよそ一年前に見に行かせていただいてました。
そしてマラオケの参加者さんたちがいっぱいで、なんか
勝手に親近感わいて懐かしいような気分でした。
君に捧げるアダージョ
Tp今井さん、新林さん、Trb宗徳さん、岡崎さんの金管アンサンブル!
とってもとっても綺麗でした。
君に捧げるアダージョ
オケのみなさんがお互いを信じあっているような顔をされてたし、
それが演奏にも現れていたと感じました。
2楽章のフルートオーボエの「あれ」が心の何かに沁みて痛かった・・・
4楽章はもう間違いない。
先生音のためかたがツミでしたねー
熱い涙が勝手に溢れてしまう(しかも止まらない)のは
人間の性だと自分に言い聞かせてました。
ボーンのベルアップかっこよかった!
音階って深いし、無限の広がりだと思いました。
マラ5と似てるとこ所々ありますね。
もう一回聴きたいな。
では。

サプライズ

1月 20th, 2012

見つけちゃいました(///∇//)きゃ
とーっても本当にきれい!!
→Cl大藪浩一さん、Ob波々伯部宏彦さんたちのEnsemble les Couleurs(アンサンブル・レ・クルール)←
現代音楽にもこんなに胸に来る曲があるんだ・・・
(レポートの参考になります!)
皆さんの周りにあったかいくうきが漂ってて、
セミの声がして笑
とてもとても幸せな気持ちになりましたラブラブ
ありがとうございますドキドキ
こんな雨の日にしっとり聴くのも、ぴったり。
あ、コメント欄つけることにしました。
どなたでも、待ってますドキドキ

ゆうやけ

1月 18th, 2012

なんか
マーラーみたい。
$君に捧げるアダージョ

1/15 マーラー4.5楽章 写真up

1月 17th, 2012

先日の練習の写真をアップしました♪
ご覧下さい。←クリックドキドキ
君に捧げるアダージョ
こんなに大勢の参加者さんたち♪
素敵な合奏でした。
君に捧げるアダージョ
君に捧げるアダージョ
君に捧げるアダージョ

2012.01.09 木管分奏

1月 12th, 2012

ある冬の夜に
誰も知らないような会館で笑
ぽっと明かりが灯って
いろんな場所からメンバーが集まって。
空から見るとすごおく小さな小さな点
知らない人からは、ひとつの集まりに過ぎない
私達の視点ではとても大事な日。
でも どれも真実。
こうしてマーラーの世界は少しずつ作られていくんですね。
ピッコロの大きな役割に気づいた日!
桃子さんのピッコロで
トリスタンの宇宙が完成する!
鳥肌たちました。
余談)学校で空き時間にトリスタンとイゾルデのDVDを観てる。
タントリス?なんて短絡的な偽名に…笑
「トリ~スタン、イッゾ~ルデ!!」という声が耳から離れない。
テスト期間が終わったら二幕から観よう。
閑話休題、
7分間の休憩中、オーボエとクラの神様同士で音合わせ。
僕が高いです、いや僕が低いんです…
ぬぅっ私には分からなかった!
もっと耳良くなるぞ。
また、
ここは指揮に頼り過ぎないで、感じ合って
とか
カクテル色で、混ざり合って
とか
たくさんの監督の指示が
私にはとても分かりやすいな。と思っていると
さっきまで「ちょっと音が張って飛び出してるな」と
思ってた音がちゃんと溶け合うようになった。
とんとん拍子ですね。
監督の言葉に「なるほどね!」という顔で
うんうん頷く奏者さんたちを見て
なんかわからないけど
うまくいく!って、思った日でした。
15日は合奏。
4.5楽章です!
新年会もありますね!
では。
君に捧げるアダージョ
君に捧げるアダージョ
君に捧げるアダージョ
君に捧げるアダージョ

始まり。

1月 2nd, 2012

みなさま
明けましておめでとうございますドキドキ
ayaです♪
新しい年が明け
演奏会も近づいてきて
さぁいよいよ!
私ayaはというと
大学の方の定演も終わり
12/25からマラオケに復帰しました。久しぶりでした皆さん!
そしてトリスタンとマーラー5番の通しでした。
私自身、とても久しぶりに皆さんの音を聞きましたが、
私の知ってた頃と違い、皆さんの音が溶け合って
ひとつに響いていたのに驚きました。
そしてそして
25日は神様がマラオケに降臨されました。
そのオーボエの音に何人もの奏者さんたちが振り返り、
驚愕と賛美の笑みを浮かべられていました。
神様は、初めて乗られたのに、音楽監督の指揮をずっと見つめて、
浮くこともなく音楽をさりげなく引っ張って、
かつ余裕の表情で至上のオーボエを聴かせる…
尋常じゃない気配がしました(笑)
そう、彼も含めて新参加者さんたちがどんどん増えて来られて、
残り2ヶ月ますます勢い付いてきました。
そういえば去年の12月25日はプレザントオーケストラの
カリンニコフの通しを聴きに行ったのを思い出しました。
あれから一年、あの頃は10年計画のマーラーオケが始動することも、参加者の皆さんに出会えることも、
それに音楽監督助手として参加できることになるなんて、夢にも思いませんでした。
音楽に関われてるのは幸せなことだな、と思います。
この料理にはどんなスパイスと調味料とおだしが入ってるのだろう、と
単に食べるだけじゃなく目を閉じて感覚を研ぎ澄まして味わい集中するのは、
オーケストラの音をぎゅーーっと聴いてくのと同じ脳や耳の奥を
使ってることに気づきました。
今日はこの辺で♪