Archive for 3月, 2012

3月11日

3月 11th, 2012

家もある
大事な人が側にいる
朝だって来る
そんな私には、どう想像しようにも
心底にはわかりえない状況
でも、そんな何にもなくなってしまった状況を
わかろうとすることしかできないけど、
わかろうとして、何か感じようとして
毎日の生活が、当たり前じゃないんだと思って
そして私個人は
音楽ができるということに感謝しなければいけない
そして毎日を大事に生きること
ここ京都で。
きっと意味があると思って
隣にいる人を、昨日よりまた少し大事にして
そうやって少しずつ歳を重ねていつか
社会の人のためになる人間になりたいと
思いました。
さっきまで一緒に笑っていた人が
やっぱり今も隣にいることは
当たり前じゃないと。
そして生きていける上で、マーラーオケで
素敵な方々と出会えたことだって
絶対すごいことのひとつだ、と、改めて思いました。
3月11日。

3月11日のマーラー

3月 8th, 2012

NHK特別番組「3月11日のマーラー」←クリック
3月10日(土)後 11:00~深0:00 総合「3.11のマーラー」
昨年の東日本大震災の日、3月11日の2時46分、みなさんは何をされていましたか?
私は大学で練習してました。卒業式の演奏の。顧問の先生の合奏が始まって1分。
いい天気で気持ちよくてほのぼのしながら合奏してたのに。
では、その日の午後7時15分は、何をされていましたか?
私は・・練習を終えてご飯を食べに行く途中
タクシーの運転手さんから
「知らないの!?地震があってすごい事になってるんですよ。」って聞かされた頃、かな。
その時、東京。トリフォニーホールでは
新日本フィルハーモニー交響楽団による、マーラー交響曲第5番の演奏が、始まっていました。
1800人が満席で埋まるはずだった開場に入った観客はたった105人。
指揮者のダニエル・ハーディングはこの日が誕生日。
地震自体、生まれて初めてだったそうです。
家族と連絡がつかない奏者の方もいる。
その場の誰もが同じ事を、でもそれぞれ様々な感情を抱いていました。
恐怖、不安、わずかな希望・・・たくさんの色々な感情が
おそらく生々しすぎるくらいにあらわになったマーラーは
果たしてどんな演奏になったのでしょうか。
NHK特別番組「3月11日のマーラー」
3月10日(土)後 11:00~深0:00 総合「3.11のマーラー」
NHKプレミアム
$君に捧げるアダージョ

一期一会

3月 1st, 2012

2012年2月26日? びわ湖ホール
関西グスタフ・マーラー交響楽団の記念すべき第一回演奏会が
無事終了しました。
アンケートを見ていて、遠いところから来てくださったお客様もいらして驚きました。
聴いてもらえるお客様がいらっしゃって初めて
演奏会が成立するんだ、、とありがたく痛感。
聴きに来ていただいて本当にありがとうございました。
そして奏者の皆さん
出会いは人生を変えることさえあると思います
間違いなく。私はかけがえのない素敵な影響を受けてしまいました。
おおげさだよって言われることもありますが
なんて言われてもいいです。本当なんだから。
終わった後
打ち上げでも
みなさん音楽の話ばっっっっっっっっっっかり。
音楽が、好きなんだな、本当に素敵な方たちばかり。
一期一会
たくさんの色んな気持ちは、ことばにできないものですね。
来年もまた爆発させましょう
ここ関西で。グスタフ・マーラーを!
$君に捧げるアダージョ
$君に捧げるアダージョお疲れ様でしたドキドキ