Archive for 4月, 2012

らららクラシック フランス音楽

4月 15th, 2012

3月でN響アワーが終わり、4月から始まったNHKの日9音楽番組
「らららクラシック」私は今のところ3回とも見られています。
(そのために帰ってる)
今日はフランスの作曲家たちの回でした。
その中で一番最後に流れた曲、一聞き惚れ!!
カメララモー「未開人の踊り」
ジャン・フィリップ・ラモー(1683~1764)の歌劇「優雅なインドの国々」より。古楽器での演奏。
ちなみに当時はヨーロッパ以外の国は全部「インド」だったらしい
色々調べて聴いていると、
指揮者によっては打楽器を全面に出して
「未開」な、良い意味で「野蛮」な雰囲気を打ち出す演奏もあれば
なんかFgみたいな低音にノリノリでクレッシェンドさせる演奏もあって面白いです。
今日のテレビのはマルク・ミンコフスさん指揮、上記の二つを合体させた演奏でした。
お腹に響く打楽器のリズムや音、そして
こういう民族系の音楽が大好物な私には、ベリーアメイジングだったわけです。
カメラこちらは本来の歌劇ver.
斬新、さすがフランス?アマデウスを見たせいかな、
ウィーンじゃぜったい許されなかった方向じゃないでしょうか
モーツァルトよりちょっと前の人なのに!この国の違い。
でもいわゆる「インド」とかの民族を体感したわけじゃないのに
どうして彼はこう、こんなにも「それっぽい」雰囲気が醸し出せるんでしょうか
不思議だし素敵。
なんかまた私の中の音楽が新しくなっていく
知りたいことがいっぱい
楽しいですね!
それでは Bonne nuit!