Archive for 12月, 2012

幸せ そして人生

12月 23rd, 2012

みなさまこんばんは。ayaです。

前回よろしく、今夜も帰って来てすぐに書いてます

個人的なのですがなんだか今回のマーラーの空気は、

熱さと冷たさの交互のギャップが激しくて、終わった後に気持ちのよい疲労感があります。

冷たさとは。耳が痛くなるほどの張り詰めた静寂、ドキドキ言ってる胸の音が聞こえるんじゃないかというくらいの。

4楽章最後とか、最たるところではないでしょうか。

 

そしてある箇所では。

「単にこう、、、するより、内側から・・・・!!っこうするようにぃ!」(文字ではこうとしか言えませんが・・。)

という監督の指示を聞く奏者さんたちの眼は真剣そのもので

 

ある奏者さんはその時、目を閉じて、少し上を向いて、その「内側から」というイメージを

完全に自分のものにしてから弾こうとされていました。暫くして一回だけうなづき、目を開けて、次に通したときは

・・全然変わるんですね、音って。そしてまた合奏は続いて・・・


写真 3

 

「・・・だからこの曲は、やっぱり幸せな人が書いたんだと思います。」と言われた監督。
幸せでなければ表現できない「幸せ」、そして「そうじゃない部分」。この解釈はマーラーと対話され尽くした結果のものなのでしょう。

深いです。とても深くて、本当にそれを自分の感覚として感じられるのはまだ先になりそうです。その時が楽しみ。
でも、こうして監督とひとりひとりの奏者さんたちが思いを共有していって、

確認し合って、ひとつのマーラーの世界を表現していく・・、今夜もやっぱり素敵な時間でした。

写真 1

実はひとつの楽章の合奏する機会は、それぞれあと2回ずつくらいしかありません。びっくり!

来年からは歌曲「亡き子をしのぶ歌」も入ってきます。合奏ごとに精度を高めていきましょう♪

それでは、メリー・クリスマス!みなさんに出逢えて幸せな年でした♪

 

 

無償の愛

12月 9th, 2012

こんばんは。ayaです

今さっき合奏が終わった気がして、すぐブログを書いています

まだマーラーの音楽が耳に残っています

今日はそんな、すぐ書き留めておきたいような気分です

 

さてまず、2ndシーズンのコンマスが決定しました!

紫苑交響楽団の元コンサートマスター、福井智宏さんです!

助手席から見ていて、思わず目が吸い込まれるような、見続けてしまうようなそんな方でした。

体中でマーラーの音楽を感じて、時にオーケストラ全体に語りかけ

各パートに目や気持ちで合図を送ったり、時に凛とした美しいソロ、

また、指揮者と優しく目配せしたり・・・。

本当に魅力的で素敵なコンマスさんです。有難いし、嬉しいです!

 

そしてカップリング「亡き子をしのぶ歌」のソリストが決定いたしました!

びわ湖ホール声楽アンサンブル所属の森季子(もり ときこ)さんです。

大好きな歌なので是非!と言ってくださって、有難い限りです。

来年からの合わせもとても楽しみです!

 

そしてそして!参加者さんも順調に増えてきています!

前回の練習時までにVn1人、Hr1人、Cb2人、Vc1人、今日またVnにおひとり!

紹介も今日お聞きしたので、全員で60人を突破します。

まだまだこの素敵なメンバーに加わる方を募集しています。

特に弦楽器、打楽器の方、お待ちしています♪

 

*****

 

今日の合奏の話

Andante moderato のゆっくり2楽章。弦の印象的な揺れるフレーズはこどもを抱いてあやすイメジ。

そう聞いてみなさん、とてもあたたかで幸せな音楽が流れました。

2楽章最後でそのモチーフがなくなるのは、こどもが幸せに寝てしまったからだ、と。

なるほどこどもと親のまなざしが表れているとは素敵

 

そして監督が、2楽章を返すときにさらっと言った言葉が、心にぐっと残りました

交響曲第5番のアダージェットがアルマに捧げるラブレターなのだとしたら

 

6番のこの2楽章は「無償の愛」

 

自分の何を犠牲にしても何よりも大事なものを思って下さい、と。

奏者の皆さん誰もがシーンと、はっと、心の静まった音がしました。

でも、みなさんの目はとても優しくあたたかくでも熱を帯びて、

さっきよりもぐっと素敵な2楽章がまた始まりました。

その傍ら、ふた家族の奏者さん方の連れてこられている計3人の小さなこどもたちが

大人たちの奏でる音楽に包まれて控えめに遊びながら、小さく笑い声をもらしているのです

今夜もそんなあたたかな練習

 

 

ああ、マーラーって。素敵かも、と、ずっと思っています。

心酔してしまったら戻れなくなるような、引き返せなくなるような、こわさ

この危うい状態を、実は楽しんでいるのかも

 

次回12月23日も今から楽しみです!

それではまた。