Archive for 4月, 2013

なかま

4月 25th, 2013

みなさまこんにちは♪

4月21日(日)は、3楽章と亡き子をしのぶ歌の練習でした。

もう本番まで2週間を切り、みなさんの熱気がムンムンしてました!

打楽器も揃い、3楽章の各所で鳥肌がざわっとなるような効果を生んでいました。

写真

あれっ、変な弾き方をしてるNさんが・・・。笑

見つけてみて下さい。

 

 

 

そんななか亡き子をしのぶ歌は、この日が最後のソリスト合わせ。

メゾソプラノの森季子さんは、ご自分の表現したい音楽に決して妥協せず、

かつ練習内で明るく優しく、そしてお茶目に監督と意見を交換しながら

本当に素晴らしい歌声で私たちをさらに本気にさせます。

 

 

最終曲が終わった時、コンマスFさんの目に光るものがあったのを、私は見ました

練習でこんな気持ちになるなんて、素敵なことではないでしょうか?

監督も呟いていました。「ちょっと今、鳥肌が立っています」

歌とオーケストラが融合する瞬間。声と音、というものを超えた、

亡き子を想う、辛い果ての優しい愛の世界が生まれたのではないでしょうか

写真 2

 

写真 3

 

 

 

写真 1

 

写真 2

 

写真 1

 

 

終わったあとはここ最近恒例のみんなでご飯@時代屋今出川店。

3回目でしたが、このご飯会で交流が出来て、さらに音楽の親密度が高まったような気がします。実際そういう声も聞いて、改めてコミュニケーション、仲良くなることって大事だなと。

 

楽器を鳴らす時、管楽器などは特にそう思うのですが、それは自分の体の中にある感情を楽器を通して外に出してオーケストラの音にしてるので、まるで自分の声みたいだな、と思う時があります。

 

そうなら尚更、声の出しやすい環境のほうが、絶対いい音楽が作れると思います

時には叫んで、時にはささやいて

遠慮とか、要らないし、みんな自分の楽器で自分をさらけ出して音楽を表現する

ありのままの自分を表現しても受け止めてくれる仲間、たちの安心感

そんなものが少しでも奏者の皆さんの心に芽生えてもらえたら、いいなあ。

 

私が大学オケにいた頃、みんなで汗と涙を(本当に)流しながら作ってきた曲の定期演奏会を迎えた日。席についていよいよ始まる時

少しばかり緊張していました

でもふと顔を上げると、そこにはいつもと同じ顔ぶれ

会館は違うけれど、ちょうど目の先にあるセカンドヴァイオリンの顔も

コンミスの顔も、少し見渡した時の管楽器の顔ぶれ、トップの背中

いつもと一緒でした。とても安心して、ホッとしたのを覚えています

そんな、口には出さなくても、感じる温かいもの、なのかもしれません。

 

写真 3

 

今夜は当日のステマネが、かんぱーい!

 

 

 

写真

 

森季子さんと監督。夢中で語り合っている様子です!

 

 

私たちは今こんな空気です。さあ果たして本番どんな演奏になるでしょう?

楽しみです!

ぜひお越しください♪

 

164406_167005803453281_1860468637_n

 

金管分奏&ご飯会

4月 8th, 2013

 

みなさんこんばんは♪

温かな日が続くなか、今日は急に寒くなりましたが、

今夜もマラオケは熱かったです♪

金管分奏では4楽章、1楽章をのりのりで吹ききって!

(実は本番終わりそのままの方や、合宿帰りの方、他のオケの練習終わり直行の方もいらっしゃる!)

隣の部屋では弦のトップ合わせもされていて、どちらもとても有意義だったようです!

写真

 

そしてその後はご飯会!

急に決まったことだったのでこのメンバーになりましたが、

次回はぜひ今日来られなかった方もみなさま参加して下さいねー!

 

コンマスさんの素敵な挨拶からの「カンパーイ!!」


写真 1

 

わいわい、お鍋をつつきながら、色んなお話が進みます

 

そしてホルントップFさんとコンマスさんの

「ここ、こうしたいよねー!」のすり合わせ♪

写真 2

 

こういうことがしたかった!こういう雰囲気、素敵だなあ♪

ここいいよね、ここもっとこうしたいよね、なんて言い合える空気

なんだか、ひとりじんとしていました。。。

 

とりあえず楽しすぎて写真少ないです笑

木管の方、弦の方、打楽器の方ともお話したいし、次も楽しみ!

 

 

さて次回の練習はは来週4月14日(日)
1楽章、2楽章です♡

 

お体には十分気をつけてあと一ヶ月、仲良く突き進みましょう!♡!

おやすみなさい♪

 

一期一会だからこそ、もっと

4月 2nd, 2013

みなさま、おつかれさまでした。ayaです。

個人的には昨日の合奏、もうヘトヘトでした。(^_^;)

ですが!待ちに待ったハンマーが登場しましたね!

叩く台、その装飾、配置、意味、視覚的効果などは凝ってまだ相談と制作の段階。

なので今日は台はなし。お楽しみに。でもデモンストレーションと言えども・・・

 

力を緩めてあれほどの威力と音!

ハンマーTさん、

「デモでも、みなさんのモチベーションがさらに上がれば」と何度も仰っていました

素敵な気持ち

その通り、

「テンション上がった―!!」という奏者さんの声もたくさん。

その写真はあるんですけれど、本番までのお楽しみとして取っといた方が、

とのご意見もあり!せっかくですが非公開!笑

写真のとても上手いステマネTさんに色々せっかく撮って頂いたので、

他の写真を・・・

写真写真

 

私よりも格段に撮り方、上手いですねー!これからもお願いします!笑

本番が楽しみですね♪

 

 

演奏面では、亡き子と4楽章。

どちらも、正直、時間が、あと倍あればいいなと思いました。

燃え尽きてもいいから。

時間が足りない。この仲間でもっと詰めたい。

時間が止まればいいのにと思いました。

 

 

でも短い時間の中でも得ることはたくさんありました。

みなさんはどうでしたか?

 

まとまってきた時、ここまで来た今、改めて感じることがありますね

 

自分的には、合奏があと数回しかない今すべきは、当然ながら個人練の徹底。

あの場に行ってマーラーの譜面に翻弄されてたらそこで終わり・・

コンマス福井さんとのインタビューでお話していたように、自分も含めてみんな視線を上げて一段階上の音楽の空気を吸って、そして昨日監督も言っていたように、今、誰と同じフレーズを奏でているか、誰と、何処のパートと心を合わせてるかもっと感覚で分かって演奏したいな、と。

当たり前のことですが、マーラーは特にそうしないとと思います

その時にちゃんと浮かび上がってくるマーラーがあると思います

亡き子にしてもシンフォニーにしても、

1回めより、繰り返した2回めのほうがまとまる事実。

まだ少し残る探りあいの空気から生まれる遠慮、緊張が感じられます

でもそうしていたら時間はないです。

みなさん!次の練習は1,2楽章。比較的まとまりやすい楽章ですが、

だからこそ完成度を高みに持って行きたいですね!

 

個人的にはもっとみなさんひとりひとりと仲良くなりたいし、

一期一会、この曲のために運命的に出会ったみなさんと

精神的にもっとひとつになりたいです。

日に日にみなさんが大好きになってます。

平日も、色んな奏者さんの顔が浮かんでばかり。

次からもどんどんコミュニケーション取って懐いていくので、

覚悟しててくださいねみなさん!笑

 

90人がいきなり集まって、世界にひとつのマーラーを作ろうとしてる

みんな忙しい毎日、一生懸命練習して

5月4日に向けて。

今もみんなの気持ちはひとつだと思います。

「4楽章が進むにつれて、みんながどんどんひとつになっていくのが分かりました」

と仰って下さった奏者Aさん。

「さらに気持ちをひとつに頑張って行きたいですね!」と。

そのとおりですね。それがもっとみんなで共有出来ますように!

 

みなさんはどう思ったんだろう?どんな気持ちで演奏しているんだろう?

聞きたいし、知りたいです。

昨日は完全退出を過ぎても、あえて声をかけませんでした

会館の人に怒られたってその時のこと。もういいや〜

みなさん、帰る格好はしながらも名残惜しそうに、

それぞれに集まって、話したり笑い合ったり、相談しあったり

様子を伺ってると、見守ったほうがいいような雰囲気だったから

 

みんな同じ気持ちなのかも

ちょっとでも近づきたい、話して知って、心を通わせて

人間が温まって音楽を作りたいって。自然にそうなるといいな

一回ずつ参加者を再結成するオケでも、 まだ2年目でも、

ぜったい出来るはずって想い

やってやるんだ、マーラー、って想い

どちらの意味でもまだまだこれから。

 

次の練習は4月7日に金管分奏(同じ時間帯に弦の自主トップ練)

合奏は、4月14日に1,2楽章

さあ

武者震いと課題と希望がない混ぜになって複雑な、春、到来です!

 

写真