Archive for 3月, 2014

第3回演奏会

3月 17th, 2014

第3回演奏会が終わりました。

準備期間や練習期間、たくさんの人との繋がりや難しいことや上手くいかないこと、

乗り越えたこと、迷惑をかけたこと、それでも仲間でやってこれたこと。

そんな長い時間に対して、演奏時間は、あっというまだったんです。

奏者の方で、5楽章の最後の譜面のページをめくる瞬間、

「もう少しこのままで時間が続いて欲しい」と思ったという人がたくさんいて、びっくり。

なぜなら、私も全くそういう風に思っていたからです。

 

難しい7番という曲を月に2回、2時間半、半年という短い期間でやりぬいたこと、

そして合宿を経て確かに仲間の絆が硬くなっているのを感じていました。

 

そして演奏が終わり、打ち上げ。

 

去年の打ち上げの時と今年の打ち上げでは、雰囲気が少し違っていたとように感じます。

去年までは、演奏会は成功したものの、私としては、

まだ手さぐり状態。正直、みなさんは次も出てくれるだろうか、

ちゃんとこの先回っていくだろうかという不安をだいぶ残しての打ち上げだったと思い出します。

でも、昨日は、奏者さんたちがメインに見えたというか。

みなさんの晴れやかな笑顔を見ながら、

自分の中で、あ、なんか軌道に乗っているのかもしれないな、と、ぼーっと感じていました。

100人の寄せ集め?オケで演奏会を無事行うことができたことにまず感謝したいです。

スタッフのみんなだけではなく、各方面で自主的に支援してくださった奏者の方々

うまくいった、いかない、どんなときもマーラーの音楽があった。

そんな全てをまとめて下さった田中先生。そして、支えてくれた家族。

そして、昨日私は受付をしていたのですが、

一枚一枚パンフレットを渡しながら、

予定を合わせて、遠いところから来てくださったんだと思うと、「ありがとうございます」と

自然にみなさんに言っていました。

そのなかでも、とある老夫婦の方。

「おー!パンフレット、ありがとうなあ、次はあるんか?もう決まってるんか?」

「はい、こちらパンフレット裏面にありますように、来年3月15日に京都コンサートホールにて開催が決まっております」

「おー、そうか!よかった、よかったなあ、もう、いつも楽しみにしてるんや、

次もいくしなあ!」

 

と、にこにこしながら言ってくださいました。

第1回めから来て下さってるのですって。本当に、涙が出そうでした。

誰かの人生の大事な数時間に、一部になれる、そしてそれを「楽しみ」にして下さっている。

 

全ての人に感謝しかないと思います。

全てのみなさん。ありがとうございました。

 

そして、次へ。

 

また歩いて行きましょう。長くて、そして短い時間を。みなさんと。

 

またお会いできる日を心より、待っております。

 

 

 

 

演奏会は、もう目前

3月 11th, 2014

みなさまこんばんは。

さて本番が今週末に迫ってきた、マラオケの第3回演奏会。

今回は合宿という初の試みを無事に終え、各方面からそれぞれに参加して下さっている参加者さんたちの絆もさらに深まってきているような感じがします。

まず、合宿の休憩時間の写真を何枚か。合宿ってやっぱりいいなって思いました。

普段の練習の時間が少ないのもあって、話したくても話す機会のなかった人、

合わせたくてもなかなか合わせられなかったところを、解消できたのではないでしょうか。

IMG_0620 IMG_0625 IMG_0623

 

 

打楽器、チェロ、クラとオーボエのトップさんたちです。

マーラーは編成が大きく、且つソロはとても目立つ、ど・ソロを求められるので

ソロを弾かれる、吹かれる方は本当に凄いと思います。

聴きに来てくださる方、乞うご期待★のソロ間違いないです。

そして合宿も無事に終わった3月2日から一週間、3月9日は、最後の合奏でした。

マラオケにはお子さんを連れて来られる奏者さんが何人かおられます。

まず一枚目。その中のひとり、Tさんのお子さんをゆらゆらして、寝かせるさすがのステマネ高橋さん。何と自然にオケのTuttiに溶け込んでいるのでしょう・・・。

二枚目。9日は私はたまたまチェロを弾かなかったので、久しぶりに皆さんを見ながらマーラーを聞けました。みなさんの演奏している顔が見たい、顔が見たいとどうしようもなく思ってしまうのは学指揮の名残なのか…いや、やっぱり演奏って、もちろん音もだけど視覚も大事な演奏のうちだと思います。特にこの2枚目みたいに、管のベルアップも面白いし、マーラーは視覚的にも面白いことをした作曲家のようですね。観客の方へ。マラオケのみんなの姿を見ながら聴けるのはかなり羨ましいです!

三枚目。聴きに来てくださる方に問題です。さあ、これは何だと思いますか?

答えはここでは言いません。まだ製作途中。3月16日に、現場できっとわかります。

私たちが、最後に大団円を迎えるときに。

 

それぞれの奏者さんたちが、それぞれ特別な想いを持って、それをみんなと共有して、16日を迎えようとしています。すごく、楽しみです。

マラオケの3年目の歴史が刻まれる日。3月16日、兵庫芸文にて。

それではまた。

IMG_0764 IMG_0762 IMG_0724