Archive for 9月, 2018

メフィストフェレスに共感⁈

9月 18th, 2018

ゲーテの戯曲『ファウスト』、マーラーの交響曲第8番を演奏する機会に読んでみようと思い、本屋さんで初めて手に取ったのは、前回の演奏会が終わった頃だったので、去年の夏頃です。
数種類の訳本をパラパラと見て、古くて難しそうな言葉遣いのものを、一番本物っぽい!なんて思い、購入しました。

それが良くなかったのか、読み慣れない分野だったり予備知識がなかったからか、ほとんど意味が分からず、読み進まないんです。
長いなと思ったシーンは斜め読みで、とにかくマーラーが曲に用いた最終場面まで、文字を追っただけになってしまい、第一印象は良いものではありませんでした。

ところが、独文学を研究するオーケストラメンバーの力を借り、解説してもらったり、勧めてもらった書籍を読むと、急に興味が湧き、おもしろくなり、もうすっかりゲーテの虜になってしまいました。

この状態でもう一度トライしようと思い、第1部の最初にある、「捧げる言葉」を読んだら、じーんとしました。いや、もっと激しくこみあげてくるものが…
その理由についてはまた機会があれば書こうと思います。

まだまだこれからも触れてみたいゲーテという人。
好きな人や世界が増える幸せをかみしめる日々です。

ひとつ、戯曲『ファウスト』について知れば知るほど、登場人物の中でメフィストフェレスに最も共感している私が正常なのか、それだけは少し心配です。
みなさんは誰に共感しますか?

混声合唱団ホール・バルティカ&相愛フィルハーモニア 特別演奏会

9月 10th, 2018

今晩は、『混声合唱団ホール・バルティカ&相愛フィルハーモニア特別演奏会』に伺いました。
後半のプログラムが、マーラーの交響曲第8番とあって、関西グスタフ・マーラー交響楽団のメンバーの姿もちらほら。

前半の曲目は、グリーグ/組曲「ホルベアの時代から」(ホルベルク組曲)で、弦楽器の、ときに繊細で軽やか、ときに重厚で力強い演奏を楽しみました。

後半のマーラーは、まずはどこにどの楽器が座るんだろう、バンダはどこかな、栄光の聖母マリアはあのボックスに現れるのかなと、休憩時間から楽しみが始まります。
いざ演奏が始まると、圧倒的な迫力に一瞬でのみこまれました。

初めてCDでこの曲を聴いたときは「長いな…」というのが感想でした。
今日は全く、長いとは思わなかったです。

マーラーが第8番を作曲したのは1906年。
1907年にはオーケストレーションも完成していました。
初演は本人の指揮で、1910年です。

こんなに大掛かりで感動的な曲を書き終えてからしばらく演奏機会に恵まれず、数年経ってやっと、音にして披露できる機会を得たら、それはそれは嬉しかっただろうと想像すると、なんとも幸せな充実した気持ちになりました。

ゲーテのファウスト展

9月 9th, 2018

マーラーの交響曲第8番は第1部と第2部から成ります。
第2部の歌詞には、ゲーテの戯曲『ファウスト』第2部の最終場面が用いられています。

というわけで、ゲーテ記念館で開催中の、「ゲーテのファウスト展」に行ってきました。

広い展示室に、様々な展示がされていました。
ゲーテの交友関係をまとめてあったのが興味深かったです。
文通相手として、シューベルトやベルリオーズの名前がありました。
マーラーが生まれたのはゲーテの没後なのですが、もし同時代に生きていたら、意気投合したのではないでしょうか?

ゲーテの『ファウスト』はたくさんの言語に訳され、出版されています。
日本語訳も、多数存在しています。
舞台化もされました。
それらの資料を見ると、本当に広く愛された、偉大な作品なんだなと感じます。

そんな作品のクライマックスにつけられた音楽を演奏すると思うと、身が引き締まりますね。

第8回演奏会

9月 7th, 2018

♪第8回演奏会♪

2018年10月8日(月・祝)
京都コンサートホール 大ホール
15:00開場 15:30開演
交響曲第8番

やっと暑さが落ち着いて、たまにひんやりとした空気を感じられるようになりました。
ということはもうすぐです!

秋の京都にマーラーを、ぜひ聴きに来てください。