8月28日 2楽章 「裏拍をためらわない」

8月 31st, 2011

去年。
学指揮の勉強のために
バーンスタイン指揮、ブラームス1番のDVDを買ってもらいました。
そのうしろに宣伝で付いていた映像で、彼はマーラーについて語り、そして
5番2楽章の、あのコラールがバックで流れていました。
その響きに、
なにこの振動!と思うくらい心がドキッとしたのを覚えています。
それが出会い。
まさか生で練習を耳にするようになるとは思ってませんでした。
          ***
8月28日の練習では、冒頭部のリズムに乗せた音楽監督の生温かいギャグ?
から始まり、空気が一気にあったまりました(・∀・)なかなかでした!
監督の言う「裏拍でためらわない」って、大事だなと思いました。
その先のリズム、曲全体を左右しますもんね。
表であっても裏であっても拍は拍。
どっちも同じ数だけある。
裏があるから表がある。逆ももちろん。
裏でためらってたら表にいけない。
裏があったら、次は表へ!
なんか人生の縮図みたい!
一小節の中で決して無駄な拍も、音符も休符もないんだな、と当然のことを再認識。
いつも勉強になります。
$君に捧げるアダージョ
練習風景はここをクリックカメラ

Leave a Reply