マーラーでダンス!?

12月 6th, 2015

みなさま、こんばんは。
12月2日の夜、京都芸術センターで行われた
ダンサー・振付師きたまり×関西グスタフ・マーラー交響楽団音楽監督田中宗利
トークセッションに行ってきました♪

写真-2

ぜったい面白いに違いないと期待した通り、
本当に興味深い対談でした。

マーラーの音楽が最初「なんか、きもちわるかった。」と表現されたきたまりさん。
それが、マーラーでダンスをしていくきっかけとなったそうです。
きれいすぎない、この違和感。マーラーなら、ダンスでやっていけるんじゃないか。と。

きもちわるいどころか初めは「なにがなんだか」状態だった私には、よくそのお気持ちが分かりました。

「長いし、飽きる」曲でもあるとも表現されたいたように思います。うーん、私の場合は、最初はちんぷんかんぷんでも、
一曲と対峙するとその曲丸ごと端から端まで好きになってしまうため、
飽きたり、きもちわるいという感覚は完全になくなる気がするなあと思いながら聞いていました。

きたまりさんはそこの違和感をもったままダンスにされるということなので、その感覚の違いが
どんなダンスとなって表現されるのか、とても気になります。
音楽なんて、捉え方は人それぞで、そこが面白い。
その違いを表現することが芸術なのではと思うので、ただただダンスを早く見たい。

きたまりさんは、細かく決まった振り付けなどはなく、大筋の中で感じたままに踊られるとか。
対談の中で、決まった振りはなくても田中先生が解釈される音楽とダンスの振りがシンクロしている部分があることが判明したりして、根幹にあるマーラーの音楽を共通に感じられているのだなあと思いました。
コンテンポラリーダンスって本当に今まで観に行く縁がないですが、
人の前で踊るって・・すごい。
生(ナマ)の自分を身体中でさらけ出してそこから始まる芸術だとしたら
まずそこから私と全然違う。そんなさらけだせない。一体、どんなんだろう?
でも、学指揮を昔していたころは、みんなの前で心が裸になってる感覚だった。
みんなの前に立っているし、繕いは隠せないし、熱い気持ちはやっぱり伝わるし。
そう思うと、身近に感じられる。

「ひとつの感想に偏ってほしくない」
というきたまりさんの言葉は、自由に捉えていいんだ、と私を安心させました。
私にとって未知の芸術。
交響曲第1番でダンスをされるなら興味は100倍。
来年1月29日から、2月3日まで、ぜったい見に行こうと思いました。

Leave a Reply